カリカリしている人の方が迷惑

カリカリしている人の方が迷惑

発言小町に「レジで小銭を数える人」というトピがありました。

トピ主は、行列が出来ているレジで小銭を使い切ろうとする人の心理が分からないと仰っています。

これが迷惑と捉えているようです。

それに対してのほとんどのレスは「それくらいいいだろう」という意見でした。

私もなぜそれくらいでカリカリするのかは理解に苦しみます。

そもそも、行列が出来ているのは、小銭を出そうとしている人のせいではありません。

その時間帯に人が集中して買い物をするから行列になっているだけです。

高速道路の交通渋滞と同じですね。

ETCのお陰で少しは解消されたかもしれませんが、一旦車が停止することには変わりがありません。

そうすると、お金を支払おうがETCで清算しようが、いくらか時間は取られます。

それが積もりに積もって渋滞となるわけです。

お盆や冬休みにまとめて休みを取る人が多く、その時期に車が集中すればごく自然に渋滞するでしょう。

それと原理は全く同じで、買い物をする時間帯が同じであれば、どんな清算方法であっても行列は出来ます。

皆がいちいち気を遣い、小銭で清算することをやめるとします。

お店側には小銭が不足する事態となり、迷惑が掛かります。

小銭をきっちり支払ったとしても、1分も掛かりません。

そんな数秒のことでカリカリしていたら、生きるのが苦しくなることでしょう。

最近では、こういうことに我慢が出来ない中高年が増えています。

それでカッとなって問題を起こします。

その方が人としてどうなのかと思いますよね?

トピ主はそのことで迷惑を掛けているのだと捉えていますが、カリカリしている人の方が余程迷惑です。

私が思うに、世の中のスピードの速さに慣れてしまって、ちょっとの時間も待てない人が多くなっています。

これが10分も20分も待たされるなら理解が出来ます。

間違いが起きたとしても、5分も掛かりません。

こんなことでカリカリしていたら、高齢者の行動に耐えられる人などいなくなってしまうでしょう。

そんな世の中になってしまったら、生き難いこと間違いなしです。

なんでもテキパキこなす人ばかりがいる世の中ではありません。

色々な価値観の人がいて、世の中が上手く成り立っているのだということをお忘れなく。

世界は自分中心に回っているのではありません。

ベンツEクラスワゴン

尊敬できる上司はいたかな?

gooランキングに「尊敬できる上司の特徴ランキング」がありました。

会社という縛りから離れて早5年が経ちました。

上司って何?

既にそんな感じで生きておりますが…。

会社に所属していた頃は、「くそったれ~!」と悪態をつきたいような上司はいました。

尊敬できる上司っていなかったなと思います。

1位:責任転嫁しない

これは基本中の基本です。

自分の犯してしまった失態を、部下の責任にする人は沢山います。

もちろん、そういう人ばかりではありませんが、これは人として絶対にやってはいけないことです。

2位:決断力がある

これは大事ですね!

決断力がある上司には、どんなことがあってもついて行きたいと思いますもの。

決断力がない人が役職をもらえることはあまりないとは思いますが、小さな会社だと年功序列で役職がつくところもあるので、こういう会社だと働く気も失せてしまいそうです。

3位:正当に評価できる

性格や好き嫌いという人間の濁ったフィルターを排除して、仕事面においては正当性を持てる人は尊敬されますね。

ここに偏りがある上司だと、部下が信頼しないでしょう。

4位:信頼感がある

何においても、これは一番大事なことだと思います。

不信感を与えるような上司であれば、一緒に仕事するのは嫌になります。

少なからずいましたけどね。

5位:偉ぶらない

大した仕事も出来ないのに、役職がついているというだけで偉ぶる人はいますね。

権力を振りかざしたいのでしょうか?

上司であっても、時と場合によっては謙虚であるべきです。

6位:部下を守ろうとする包容力がある

部下はこれに甘んじてはいけませんが、部下の失態は上司の失態でもあります。

そこを守れるだけの包容力がある人は、どんな部下からも好かれるでしょう。

7位:人間的な魅力がある

こういう上司に出会うことはなかなか難しいような気がします。

出会えたとしたら、それは一生の宝物ですね!

8位:差別、ひいきがない

残念ながら、差別やひいきは一番見受けられるものです。

人の心は一筋縄ではいきませんからね。

あからさまなのは上に立つものとしていけないとは思いますが、そうならないように部下も努力が必要です。

9位:部下の仕事を理解している

意外と出来ていない上司はいます。

部下に任せっきりは絶対にしてはいけません。

上司は周りを見渡す余裕が必要でしょう。

10位:厳しさを使い分けられる

叱れない上司は存在しますね。

叱らないから仕事がしにくくなっているのに。

叱られ慣れていない世代にも、根気強く厳しさを教えていくことは必要です。

こうやって見てみると、なかなか尊敬できる上司の条件は揃いませんね。

仕方がないと諦めるのは簡単ですが、有意義な仕事をしていく為には、上司の教育も必要なのでしょうか?